F氏

たかじん本 付箋だらけの殉愛
たかじんの最期を書いたノンフィクション小説「殉愛」の信憑性は地に堕ちた。
次々と明かされるさくら未亡人・驚愕の正体とは・・・。

さくらを通り過ぎた男達

★「殉愛」の中のさくらとの乖離

殉愛で、さくらがたかじんと過ごした741日間の中で、肉体関係がなく、入籍の日も抱き合って眠っただけと記されており、最も濃い描写で「ディープ・キス」、それだけでさくらは「ドキドキした」と書かれている。この結ばれていない描写が、約400ページの中で十回近くも強調されている。
俗人の自分にとって「にわかには信じられない話」では有るが、さくらの弁なのか作者の思いなのか、或いはたかじんの意志だったのか、少しの間思いめぐらせる事象ではあった。しかし、ネット上でさくらの数度の結婚履歴が明かされたことで、この「生娘」設定も短い時間で終息するが、驚きはまだ残されていた。生々しい愛人生活までもが裁判記録で明かされたのだ。

★一回目の結婚

さくら最初の結婚は2002年20才の時、大阪難波にある高島屋内アパレルショップ店員として勤務していた時で、お相手は岸和田市内に住む会社員のM氏、結婚後もさくらはショップで働き、岸和田のM氏実家で過ごした。
しかし結婚生活は短かく、2003年に別居生活が始まり2004年に離婚が成立している。それもそのはずだ、結婚翌年の2003年1月には、高齢の会社社長との愛人関係が始まるのである。
この離婚に際して、さくらはM氏の浮気を理由に慰謝料を受け取っている。自分の愛人関係はどうなのか?

★パパさん F氏

高齢の会社社長は、さくらが結婚間もない頃の2002年ショップに現われてひとめぼれし、交際を申し込まれたとされている男性で、大阪でAVソフト配信会社を経営しているF氏のことだ。
後にF氏にストーカー行為が有ったとして、さくらが慰謝料を求める裁判があるが、その大阪地裁裁判記録によると、二人の愛人契約は2003年1月に始まっており、M氏と夫婦関係にあった時期と被り、まぎれもない不貞行為である。
さくらとはF氏とデートする度に五万円もらっており、いつか結婚を思いめぐらすようになる。そしてこの年にM氏と別居、翌年に離婚が成立し、F氏と月6回会う約束で三十万円もらう契約となる。
さくらは2005年から勤めを辞め大阪外語専門学校に通い出すが、さくらといる時間を長くしたいというF氏の希望に沿ったもので、初年度学費はF氏が負担したという。F氏はさくらが入学間もない同年5月から、自分(会社)が所有するマンションでさくらを一人暮らしをさせ、引越費用として二千八百万円渡し (渡した総額とする説もある)、月々のお手当は四十三万円に増額している。
さくらが大阪外語専門学校を卒業する際の進路表に「V社秘書」と掲載されていたが、それはF氏の会社のことであり、二番目の夫・ダニエルは(※殉愛の真実)、V社秘書ではなく、F氏個人の秘書だったと証言している。つまり専門校生時代の月三十万円から増額された、月四十三万円での愛人生活を送っていたことになる。
だが、さくらの多情性はこれで終わりではない。F氏と愛人関係にあった最中、アメリカ人男性ダニエルと交際を始め、2007年1月さくらはF氏に関係解消を申し出るが、ずるずると続くことになる。
後述にあるダニエルとの交際・入籍において、さくらはF氏側のストーカー行為があったとして警察に通報し、F氏は警察から警告を受けることになった。示談を申し出たF氏に対して、さくらは合計三百三十万円の慰謝料を請求するが、F氏の反訴が有り2007年11月、F氏が40万円払う事で和解が成立した。

この裁判記録は、2ch既婚女性版に投稿された大阪地裁事件番号を元に、複数の可愛い奥様有志が閲覧したことにより判明したものだ。

★二回目の結婚
サクダニ





二番目のアメリカ人の夫・ダニエルとの出会いは、さくらが専門校時代に通っていたマンツーマンの英会話教室だ(※殉愛の真実)。さくらの猛烈なアタックで交際が始まったそうだ。2006年夏にダニエルとペアのTシャツで洗礼式に参加した写真が掘られているので、この時には交際がスタートしていたと見て間違いないだろう。そして同年12月にはアメリカ北東部にあるダニエルの実家を訪ね、彼の家族や親戚に紹介されている(※殉愛の真実)。
当然、結婚を前提とした行動である、さくらは宝塚市の特優賃住宅を気に入り、ここに住みたいと言い出す。その為には入籍しないと賃貸を受けれない為、二人は2007年4月5日婚姻届を提出し特優賃住宅にはさくらが一人で住む。この時、同居しなかったのは夏に予定されていた結婚式を終えてから、とダニエルが考えていたからだ。
しかしダニエルは、同居することも結婚式を挙げることもなく離婚を決意することになる。原因はさくらの特異な人格と、F氏の存在があったようだ(※詳細は殉愛の真実に掲載されている)。2008年3月に離婚が成立、ダニエルはさくらに慰謝料六十万円を払うことになる。

★ダニエル~伊夫イヴァン~たかじんまでの空白期間

「殉愛」によると、さくらの伯父は会社を経営し、さくらもそこで秘書として働き、洗礼を受けた時のグランドファザーを務めてくれたとある。実はこの伯父は先に記した愛人関係のF氏であることが、殉愛の真実で判明した。裁判記録では2007年11月にF氏が慰謝料を払う事で和解している。
では、2011年にさくらが日本に帰国し、たかじん自宅マンションの真向いに引越するまで住んでいたマンションも、F氏が所有する物件なのだろうか。又、2012年4月に一億円を貸してくれ、同年5月に5000万円をポンとくれた伯父もF氏なのだろうか。ならばその後も、さらに伊夫・ダニエルと結婚中も、慰謝料を取った男性と続いていたことになる。
ネットでは別の高齢男性の存在も話題に出ているが、真偽は定まっていない。さくらのSNSによると、ダニエルとの離婚後は仕事絡みで海外へ何度も出かけていることが分るが、明確な勤務先・業種等の記述はなく、殉愛でも筆者が把握していないと思われる表現に終わっている。
これまでに明らかになったさくらの生き様から、お金持ちの男性の傍らにいたことが予想される。ドラマチックな事実が次々と飛び出すさくらの半生、この空白期間について斯様なストーリーが飛び出すのだろうか。

★三回目の結婚
サク伊庭





殉愛騒動の中で、最初に明らかになったさくらの結婚歴がイタリア人イヴァンだった。きっかけはイタリア在住邦人女性からあるブログに投稿された記事を手掛かりに、2ch既婚女性板の可愛い奥様達が発見した画像・SNS等からである。たかじんとの重婚疑惑が出ていたからか、結婚・離婚の時期について、さくらの供述は辻褄が合わないのだが、まずはさくらの主張をもとに書こう。

2008年春、ステイ先のイタリアで男性と知り合い遠距離交際を始め、その年の12月に日本で入籍した。
2009年、イタリアに移住し生活を開始、日本人に勧められてブログを始めた。結婚式の準備を進めていたが7月頃、結婚生活を続けるのは難しいと感じた。
2010年3月、夫とはほぼ別居状態で、ベネチア、パリ、ミラノを行ったり来たりしていた。
2011年5月から離婚について話し合いを始め、夫婦生活はすでに破綻していた。同年11月に離婚手続きのため日本に帰国、同月イタリア夫が来日し離婚同意書にサインし、離婚手続きに入った。2012年3月離婚届けが受理され、正式に離婚が成立した。

この供述は、現実をほぼ1年前倒ししたものである。
(詳細はこちらで・
ミステリアスな伊人イヴァンとの結婚と離婚)

さくらの話しによると、二番目の夫・ダニエルと離婚が成立した直後の春に、海外ステイ先でイヴァンと知り合い交際が始まったことになる。しかし移住した半年後には結婚生活に問題が生じ、一年後には別居、二年後には離婚協議が始まり、その年末に離婚手続きに入ったという、又してもスピーディな破局ぶりである。
とは言えさくらの供述は、web上に残された様々な証拠から信用するには至らない。離婚成立にしても日本国内での手続きだけに過ぎず、それもさくらの供述にあるように、たかじんのガンが発見された後の成立だ。さくらのブログでの幸せそうな来日時画像、イヴァンのTwitter等から読み取れるように、それまで離婚を意識していたようには見えない。又、イタリアの法律に則せば、イタリアでの離婚が成立していないのはほぼ確実と見られている。
結論からいうと、さくらは資産持ちのたかじんに取り入ることが出来たので、イタリアの田舎っ子のイヴァンは捨てられて(一旦の可能性もあるが)しまったのだと思う。

(※詳細は打算と逆襲カテで)

イタリア人夫・イヴァンはさくらの7才(位)年下の、画像で見る限りではそこそこのイケ面男性だ。出会いはステイ先で知り合ったとなっているが、ショートステイなのかロングスティなのか。
さくらのMIXIの2009年8月19日アップ分に次の記事がある。
『とてもハードなスケジュールだったけれど、イタリアへ行ってから、パリのあらゆるところを回りました。・・・・・現地集合、解散は・・・やです』
これまでに発掘されたさくらのSNSに於いて、イタリアとの接点はこれだけである。この点だけで断定は出来ないが、様々な状況証拠からほぼ確定と言える、2009年入籍、2010年イタリアで挙式との整合性から、イタリア・パリ旅行の際に接触があったとみていいのではないだろうか。
現地集合・解散の旅行とは、何らかの目的でイタリアへ行き、イタリア発パリ周遊ツアーに参加したのだと思うが、旅行動機は何だったのだろうか。そしてイヴァンと知り合ったきっかけはなんだろう、 ナンパでもしたのか、もしかするとお得意のSNSを通じて知合ったのか。

★四回目の結婚
さくたか2





殉愛によると、たかじんとさくらが最初に会ったのは、2011年12月のクリスマスオフ会で、たかじんのマンションに女一人で入室し、プロポーズされたのは12月30日となっている。さくらの「都会っ子ブログ」によると、これらは全てイタリア夫・イヴァンが来日中の出来事だ。たかじんとの初めてのキスも離婚届受理前のことだ。ここでも多情性が窺えるわけである。
その後、たかじんのガンが見つかり、余命半年と宣告された約4ケ月後、たかじん死亡の3ケ月前に入籍を果たした。くどいようだが、たかじんとは結ばれた性行為が一度もない夫婦だった。
殉愛では「さくらはなにもいらない」と語りながら、たかじん死後は様々な策略を駆使してたかじん利権を一人占めし、たかじんの金庫にあった現金一億八千万円を自分のものと主張、相続遺産と合わせて三億数千万、さらには大阪のタワーマンションの居住権を手中にした。(金額はたかじん長女遺留分勘案、今後の裁判結果で変動することがある)

★多情な人生
さくら散歩





振り返ってみると、いずれの結婚生活も短期間であることに驚く。そして、一回目の結婚生活中におけるF氏との愛人契約、その契約継続中のダニエルとの恋愛、F氏の影がちらつく中でのダニエルとの入籍と離婚、謎の空白期間に続くイヴァンとの結婚と、その離婚前からのたかじんとの邂逅。
さくらにはいつも複数の男が交差する「多情な人生」と言えるが、自分には「男達はさくらを通り過ぎて行った」だけに見えてしようがないのてある。次に通り過ぎていく男は誰なのか? 興味が尽きない下衆な気分にさせられるが、さくらの本性と題された報道を紹介する。

『いわゆる“ジジイ殺し”の典型的タイプ。百田さんも彼女に骨抜きにされたクチですよ。“人たらし”というか、相手にふところに入るのが抜群にうまいんです』 (芸能プロ関係者)
(ライブドアニュース)

これまでの結婚・交際相手の中でマスコミ取材に応じたのは、殉愛の真実取材班に詳細なエピソードを伝えた、二番目の夫・ダニエルだけである。М氏は結婚・離婚の事実を認めただけ、伊夫・ダニエルへの取材はなされておらず、パパさんだったF氏も取材に応じていない。まだ明かされていないさくらを通り過ぎた男達がいるのかもしれない。これらの男性から新事実が語られる時があるのだろうか。
だが、たかじんに至っては鬼籍の人、文字通り「死人に口なし」なのだ。

★三番目の夫の存在が明らかになった際、作者の百田尚樹は次のツィートを残したが、次々と出た結婚・離婚・愛人歴と、それらに伴った金銭を求める訴訟歴に対して、今は何を思うのか。おそらくは想像を超えた展開に作者自体が驚いていることと思う。ならば、物書きとしての説明責任を果たすことが求められる。




さくらの足跡・生誕~たかじんとの出会い

★SNS系日付はアップ日です。

赤字部分は、殉愛騒動後のさくらの弁
※「都会っ子ブログ」「mixi」はさくらアカウント


1981.5.27
兵庫県明石市で生まれる。三人兄妹の長女。実家はJR魚住駅から数分のところにある。
旧姓はS Y子

1997.4月
地元の公立中学を卒業後、明石商業高校入学。

2000.3月
高校卒業

2000.4月
地元アパレル店に就職。その後数店を転々とする。


2000-2001年?(引用:殉愛46P)
さくらは高校卒業後、大阪の某百貨店に勤めたのち、二十一歳のときに単身アメリカへ渡り、そこで一年半暮らした。

2002年
大阪難波高島屋内ショップ店員として働いていたとき、大阪府岸和田市在住男性M氏と結婚。
岸和田市に住み、S姓からM姓に変わる。


2002年(大阪地裁裁判記録)
難波高島屋でAV会社社長F社長に接客。F氏からの積極的なアプローチを受ける。
※事件番号 平成19年(ワ)5879 平成19年(ワ)9650


2003.1月(大阪地裁裁判記録)
AV会社社長F社長と交際が始まる。F社長は55歳だとさくらに告げる。デートの度にお小遣いとして5万円をもらう。Fとの結婚を夢見る。
※事件番号 平成19年(ワ)5879 平成19年(ワ)9650


2003年(宝島社・殉愛の真実)
日本に帰化、さくら名取得も同時か?。
(※M氏と結婚後帰化)

2003年(宝島社・殉愛の真実)
M氏と別居。

2004年(宝島社・殉愛の真実)
M氏と離婚成立。姓はそのままMを名乗る。


2004.3月(大阪地裁裁判記録)
天王寺のコーチブランドショップに勤務。AV会社社長F氏より月に6回会う約束で月額30万円もらう。
※事件番号 平成19年(ワ)5879 平成19年(ワ)9650


2005年~(引用 :殉愛27P)
2005年(平成十七)年に帰国してから、大阪で会社を営む伯父の元で秘書を務めながら、海外を何度も往復した。

2005.3月(大阪地裁裁判記録) 
AV会社社長F社長の希望で仕事を辞め、専門学校入学へ。
※事件番号 平成19年(ワ)5879 平成19年(ワ)9650


2005.4月
大阪外語専門学校入学

2005.5月(大阪地裁裁判記録)
平成17年5月  さくらが一人暮らしを始めるにあたり、月額43万円のお手当となる。
※事件番号 平成19年(ワ)5879 平成19年(ワ)9650


2005.5月(大阪地裁裁判記録)
AV会社社長F氏から一人暮らしの引越費用2.800万円受取る
(※F氏から渡された総額とする説もある)
※事件番号 平成19年(ワ)5879 平成19年(ワ)9650


2006.7.17(宗教的なblog)
洗礼式写真が載る、ペアTシャツ。
※二番目の夫、アメリカ人ダニエル


2006.11.26(宗教的なblog)
アフロヘア―の子との写真掲載


2006年末-2007年始(大阪地裁裁判記録)
アメリカ短期留学。
※事件番号 平成19年(ワ)5879 平成19年(ワ)9650

2007.1月(大阪地裁裁判記録)
AV会社社長F氏と交際解消
※事件番号 平成19年(ワ)5879 平成19年(ワ)9650


2007.2月(大阪地裁裁判記録)
さくら、AV会社社長F氏から社員旅行に誘われ同行、復縁。
※事件番号 平成19年(ワ)5879 平成19年(ワ)9650

2007.3月
大阪外語専門学校卒業、進路表にヴェース社秘書
※森田さくら名
※実際はAV会社社長F氏のV社

2007.4.1(大阪地裁裁判記録)
外国人男性との結婚を考えていたさくら、ストーカー行為を受ける
※AV会社社長F氏が雇った探偵事務所(宝島社・殉愛の真実)
※事件番号 平成19年(ワ)5879 平成19年(ワ)9650

2007.4.5(※宝島社・殉愛の真実)
二番目の夫、アメリカ人ダニエルと入籍。


2007.4.16(大阪地裁裁判記録)
さくらはAV会社社長F氏から示談を提案され、示談書を送付。慰謝料300万と諸経費30万。
※事件番号 平成19年(ワ)5879 平成19年(ワ)9650

2007.5月(大阪地裁和解調書)
AV会社社長F氏がさくらに反訴
※事件番号 平成19年(ワ)5879 平成19年(ワ)9650

2007.5.26(ブリーダーblog)
色白で背が高いアメリカ人の好青年ダニエルさんと小柄で華奢な日本人のお嫁さんのさくらさんが・・・と写真付きで掲載される。

2007.6月(※宝島社・殉愛の真実)
二番目の夫、アメリカ人ダニエル氏が離婚を決意。


2007.10.21(mixi)
二週間滞在していたお部屋、小さなお友達も公開。

2007.11.12(大阪地裁和解調書)
AV会社社長F氏より、ストーカー行為に対する慰謝料40万円受取で和解
※事件番号 平成19年(ワ)5879 平成19年(ワ)9650

2008.2.10(mixi)
ニューヨーク出張、今までのアメリカと違って、見るもの全てが驚き。
※タイムズスクエア、セントラルパーク、グランドセロ等

2008.2.13(mixi)
ニューヨークからラスベガスへ。べラジオホテル泊
※二つのショー「KA」「O」を観る

2008.3月(※宝島社・殉愛の真実)
二番目の夫、アメリカ人ダニエルと離婚成立。


2008春(fridayさくら手記)
ステイ先でイタリア人男性と知り合い遠距離交際を始める


2008.4.6(mixi)
京都へ桜見。銀閣寺、清水寺、ねねの路等

2008.5.8(mixi)
香港旅行。ネパール人とフィリピン人からパリ式エステを受ける。会話は全部英語。

2008.7.22(mixi)
ハワイ出張。怪我したまま行った。

2008.9.16(mixi)
弾丸韓国ツアー、急遽行った。面白い国。

2008.10.8(mixi)
サンノゼから来た友達を大阪案内。
※USJ、通天閣、日本橋・・・

2008.11.10(mixi)
〇〇ちゃんの誕生日(妹)。

2008.11.26(mixi)
ハワイ旅行。
※婚約パーティ、YSL・FENDYパーティ、社員旅行下見

2008.12月(fridayさくら手記)
イタリア人男性と日本で入籍


2009.1.4(mixi)
サンノゼ旅行
※一週間のリラックス休暇

2009.1.9(mixi)
十日戎、ヤクザやさんがカステラくれる。
※社長と一緒

2009.3.17(mixi)
ハワイ社員旅行、まさおと一緒。

2009春(fridayさくら手記)
イタリアへ移住

2009年(fridayさくら手記)
移住してすぐの頃、知人の紹介で知り合った日本人の方からブログを勧められ、バナーのデザインやタイトルまで作っていただいたため、自分のブログを始めました。家族や友人を心配させないようあえて夫婦仲が良好であることを書いたり、また、ショッピングや食事など、楽しい内容のブログを書くことで、日常生活を忘れることもできました

2009.4.9(mixi)
中国からのお客さんを案内。
※大阪城の桜

2009.6.9(mixi)
沢山の人から祝福受ける
??

2009.7.7(mixi)
先週末、仕事で韓国へ

2009.7月(fridayさくら手記)
結婚式の準備を始めるが、結婚生活を続けるのは難しいと感じる。
当時、イタリアでネイルサロンを開いていた。


2009.8.19(mixi)
イタリアへ行ってから現地集合・解散のフランス周遊旅行

2009年~(引用 :殉愛28P)(引用 :殉愛136P)
その後、ネイリストの資格を取り、二00九(平成二十一)年、二十八歳の時にイタリアへ行き、そこでネイルサロンを立ち上げた。サロンの経営は順調で、多くの顧客とともに友人もできた。

彼女はイタリアに渡る直前まで(※時期不詳、伯父が社長を務める会社で秘書をしていた。

2009.12.6(mixi)
ルミナリエ通り横のホテル・ヴィラマーレリザーブ
※彼(伊夫・イヴン)からプロポーズは受けたが指輪はまだだったが、レストランで受け取る。
※翌日は妹と三人でオークラホテルの鉄板焼きを楽しむ

2009.12.20(mixi)
妹夫婦を伴い有馬温泉へ。彼は初めての温泉で大はしゃぎ。

2009.12.23(妹blog)
先日の有馬温泉旅行の写真をアップ
※妹夫婦、さくら、イヴン

2009.12.30(mixi)
関空からイタリアへ、途中アムステルダム泊。
※彼のパパとママが出迎え、グランバ宅でランチ。

2010.1.3(mixi)
ニューイヤーは彼の家で
※イタリア

2010.1.28(都会っ子ブログ開設)

2010.2.17(都会っ子ブログ)
「あたしたちはクリスマスに入籍をし、10月10日に式をしようと思いました」
※2009.12.25、日本で入籍を意味する

2010.2.22(都会っ子ブログ)
妹の結婚式の為、帰国中。
※2.11-3.20日本滞在

2010.2.24(都会っ子ブログ)
妹の結婚式写真アップ

2010.3.1(mixi)
日本へ帰国中、さくらがいっぱい泣いちゃっています。

2010.3.5(都会っ子ブログ)
伊夫・イヴンイタリア帰国

2010.3.17(妹blog)
3.5に伊夫・イヴン帰国、本日姉帰国。「ねーたん、イヴン君、結婚おめでとう」
ふたりはこっちで入籍を済ませ、イタリアでの新婚生活に入ります。
※200912.25入籍のことと思われる

2010.3.20(都会っ子ブログ)
イタリア帰国。

2010.3.23(mixi)
イタリアへ旅立つ準備。
※アクセサリー販売をしてくれていたカフェへ挨拶

20010.3月頃(fridayさくら手記)
私はサロンとは別に、日本とヴェネチア・パリ・ミラノなどを行き来しており、夫とはほぼ別居状態でした

2010.4.14(都会っ子ブログ)
さてさて、あたしたちはカトリック教徒として、結婚前に「フィアンセコース」なるものを他のカップルたちと受けたんです。

2010.4.22(都会っ子ブログ)
イタリア滞在許可書が発行され一安心。

2010.5.27(都会っ子ブログ)
伊夫とローマへ誕生日の旅行。

2010.6.17(都会っ子ブログ)
イタリアへ来て、ママ以外で初めてのネイルのお客さんを受ける。
お代を頂いたのでイタリアへ来て初めて自分の力でお金を稼いだことになる。

2010.9.26(伊人FBから)
伊夫・イヴンとイタリアで結婚式。
※父と妹が出席している
けっこん










2010.10.8(妹blog)
9.26からイタリアで過ごす3日間、ベネチア観光。

2010.11.24(都会っ子ブログ)
ハニーを残して日本へ帰りたいと思います。
※月曜日からとあるので11.29の事か?

20011.5月頃(fridayさくら手記)
2011年5月から離婚に向けての話し合いを始めました。夫婦生活はほとんど破綻していた。

2011.8.5(都会っ子ブログ)
日本帰国中。日本へ戻って10日、体調も怪我したところもずいぶんと良くなりました。 
一人で歩いて動けるほどに回復。

20011.9月(fridayさくら手記)
一部の荷物をイタリアから日本に送った。

20011.11月(fridayさくら手記)
正式な離婚手続きをするため、また妹の出産もあり日本に帰国しました

20011.11月(fridayさくら手記)
夫が日本を訪れ、離婚合意書面にサインし、離婚の手続きに入りました

2011.12.24(都会っ子ブログ)
あたしにとっては、「結婚2周年イヴ」、「ハニー、日本来日イヴ」でもあります。
(※詳細は殉愛の正体で・嘘から始まる物語)

2011.12.24(伊夫・イヴンtwitter)
ローマ行きの飛行機を待つ。
※日本到着は25日か26日と思われる


2012.12.25(引用:殉愛30P)
男性は自分の席の右側を空けると、「ここに座って下さい」と言った。後にわかるが、彼は女性を隣に座らせるときはいつも自分の右側に置いた。さくらが座ると、彼は「たかじんですぅ」と挨拶した。さくらは「ああ、前にテレビで見た男性はぼくです、と言っていたのは本当だったのだ」と思った。
※たかじんと最初に会った日
(※詳細は殉愛の正体で・初めて会ったクリスマスオフ会)

2011.12.28(都会っ子ブログ)
妹出産記事掲載。伊夫・イヴン来日中。

2011.12.29(伊夫・イヴンtwitter)
バカンス中に風をひいた。


2011.12.30(引用:殉愛37P)
家を出る時、余計な誤解をされないよう、スカートをやめてパンツを穿いた。
夕、五時過ぎ、メールで教えられた場所に行くと、マンションにはすぐにわかった。入口に赤いダウンを着て、キャップをかぶり、サングラスをかけたたかじんが立っていた。目立ちたいのか目立ちたくないのかわからなくて、おかしかった。(中略)
近くの鉄板焼きの店に行こうと誘った。

※初めて二人で会った日、たかじんがプロポーズしたとされている。
(※詳細は殉愛の正体で・プロポーズ)
(※詳細は殉愛の正体で・いつわりの独身)

2012.1.3(伊夫・イヴンtwitter)
伊夫・イヴン、イタリアへ帰国。
※The Gaijin is back to Italy
※都会っ子ブログでは1/2と書かれているので、日本出発がその日と思われる。

2012.1.6(引用:殉愛83P)(引用:殉愛46P)
さくらはメールを送ったあと、バッグに入っていたイタリア行きのチケットを取り出して、縦に引き裂いた。

年が明けた一月二十日にはイタリアに戻る予定だった。


2012.1.22(伊夫・イヴンtwitter)
長い間、妻と会話が無い。
奥さんと2日間しゃべってない、これまでで最長期間だ

2012.1.13 (殉愛)
たかじんから秘書代として300万円受取る。
初めてのディープキスでドキドキした。

2012.1.27(都会っ子ブログ)
イタリアに帰る前に、髪を切るかどうか悩み中。

2012.3.1(都会っ子ブログ)
都会っ子を満喫してまーす、ハニーに切った髪形を見せれた。
※日本滞在、ハニーは誰のことか不明

2012.3.1(fridayさくら手記)
2012年3月1日にイタリア人の夫との離婚届が受理され、正式に離婚が成立しました。


2012.3.11(都会っ子ブログ)
帰国予定日前に、父にガンが見つかった。
※当初帰国予定は1月下旬。

2012.3.15(伊夫・イヴンtwitter)
75日も嫁さんと離れ離れ、気が変になりそう、日本に移住を考える時期に来たかな


2012.5.9(都会っ子ブログ)
ガン手術は成功、術後は完全看護、付きっ切りで大変。

記事検索
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • さくらのMONEY勘定~リボンでくるんだお金
  • 最後の咆哮~アズマラ氏和解から
  • さくらのMONEY勘定~たかじん遺言書全文
  • さくらのMONEY勘定~たかじん遺言書全文
  • さくらのMONEY勘定~たかじん遺言書全文
  • おはよう朝日ですと井上公造の「殉愛問題」
  • OSAKAあかるクラブ寄付金放棄騒動
  • たかじんにすがるハイエナ達
  • さくら「殉真」出版差止申立
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ