決断

たかじん本 付箋だらけの殉愛
たかじんの最期を書いたノンフィクション小説「殉愛」の信憑性は地に堕ちた。
次々と明かされるさくら未亡人・驚愕の正体とは・・・。

今、やってきてん

★浮気

その後たかじんは三田病院で抗ガン剤治療を受け、手術日が4月9日に決まり大阪で静養していた。
3月24日、さくらは伯父のマンションからたかじんの自宅の向かいのマンションに引っ越した。引っ越しが一段落してたかじんに電話すると「用事があるから後からおいで」と言われた。

【引用: 111P】
エントランスを抜けて、エレベーターの前で待っていると、ドアが開いて中から四十すぎくらいの女性が降りてきた。黄色い派手な服を着たロングヘアの女性だった。エレベーターに乗ろうとすると、その女性がすれ違いざま、さくらに言った。
「あんた、遊ばれているで。私、今、じんちゃんとやってきてん」
女はそのまま去っていった。
あれは誰? もしかしてじんちゃんの彼女? 今のはどういう意味? さくらは動揺しながらもエレベーターのボタンを押した。


さくらが玄関に入ると女性もののハンカチとメモが落ちており、メモには「消えろブス」と書かれていた。更に部屋に入ると「じんちゃん大好き」と書かれたスカーフが見つかり、さくらが誰か来たのかと訊いたが「誰も来てないで」と気のない返事をし、翌日、詰問すると「遊び相手や」と言い訳をする。
このTという中年女性は、殉愛の中で金に賤しい性処理係として数度にわたり登場する。実在するのか不明だが、さくらの引き立て役として位置付けなのは間違いない。
それにしても、金スマで「今、やってきてん」と言った女のレベル設定が、たかじんの好みに似つかわしくなかった。あの世で「いい加減にせんかい!」と指し棒振り回したことであろう。

★もとめられないさくら

さくらの頭の中は「今、やってきてん」の言葉がリフレィンする。確かにこれまで自分とは肉体関係がない、さくらも意外に思っていたとのことだ

この発言は求められると受け入れる気でいた証明だ。たかじんも結婚相手の認識を持っていたなら、違う女と寝るくらい性欲が有るのなら、既にさくらを抱いたであろう。中高生のラブロマンスではないのだ。
やはりさくらは身の回りのお世話係で雇われたのだろうと推測している。

たかじんを古くから知る知人の中には、さくらはたかじんの好みの女じゃないとコメントしている人もいる。たかじんも生前のテレビ番組で「俺はNo1が好きなんだ」と発言している。それはごもっともだ、新地の店でも美人が付かないとママを呼んで叱りつける逸話を持つ男だから。
自分から見てもさくらは・・・いや、やめておこう、画像しか見ていない。伝聞によると「人たらし」とのことだから、男から見て何らかの魅力があるのだろう。取材旅行を含めて300時間もの時を共にしたという、百田大先生に感想をうかがいたいものだ。


★引越

さくらは勝手に越してきた、或いは、たかじんはお世話係用にマンションの空いてる部屋を用意したとの説もあるが、それは差し置こう。
本当にフィアンセで「浮気」の言葉を使うなら、たかじんのマンションで暮らしてもいい筈だ。現に1月25日に、たかじんはマンションの一部屋を与え、クロ―セットの引き出しも整理して使えるようにし、マンションの鍵を渡している。そうでないなら、殉愛でいうところの借りていた伯父のマンションは二丁角しか離れていないのだから、そこからでも通える距離だ。何故たかじんの自宅の向かいに越して来たのだろうか。さくらには押しかけなければならない策略と、別なマンションに住んでいる証しが必要だったと言っていいだろう。

イタリア行きのチケットを引き裂いた

★チケット

たかじんはKマネと東京の山王病院へ行き、1月16日と17日に検査を受け食道ガンが見つかる。良性・悪性は一週間後に判明するとの事だった。
連絡を受けたさくらがネットで調べると五年生存率が低かった。中途半端な気持ちでたかじんと接することは出来ないと覚悟した。

【引用殉愛 83P】
バッグに入っていたイタリア行きのチケットを取り出して、縦に引き裂いた。
(中略)
「前にプロポーズしてくれた答えを考えていたんだけど、のたれ死んだり、治療を受けないんだったら、さくらには無理・・・・」
電話の向こうで、たかじんが息を呑むのがわかった。
「でも・・・もし、一緒に闘うなら、お婿さんにしてあげる」
「ほんまに!」
たかじんは歓声をあげた。


ここで夫が待つイタリア帰国を断念したのは、たかじんのガン症状をネットで調べ生存率が低いのを知り、多額が想像出来る資産に目が眩んだのだろう。自分の倍以上の年令の初老の男に対して、無償の愛(或いは奉仕)と訴えられても白々しいのが一般的な見方だ。対象が例え人気タレントであろうとも。

翌日、さくらは父と兄に電話している。


【引用殉愛 88-89P】
「明後日、イタリアに帰るんやな」
何も知らない父は陽気な声で言った。
「お父さん」とさくらは言った。「実はイタリアには帰らないことにした」
「なんでや」
「好きな人が出来たから、しばらく日本にいる」
(中略)
「やしきたかじんっていうの」
「何や、たかじんか・・・何っ、たかじん!」「あの、やしきたかじんか?」
「そう」
「お前、何を考えているんや、頭がおかしくなったんか」
(中略)
イタリアのネイルサロンのスタッフに連絡して店をたたんだ。下宿先のママには、しばらく帰ることができないので、「さーちゃん」の面倒を見てほしいとお願いした。ママは快く引き受けてくれた。


★イタリア

父はイタリアでの結婚式に参加し、イヴンとの結婚生活を疑う状況にないので驚き、怒って当然である。下宿先のママとは、同居している夫の母親の事だ。お姑さんを下宿屋のおばさん呼ばわりすもところにさくらの人間性が出ている。ネットでは置いてきぼりにされた「さーちゃん」が可哀相との書込みが目立った。

後に閉店iに伴う慰謝料を貰ったと主張する事になるネイルサロンは、さくらが言うベネチアの店舗と思われるが、現在、実態は明らかにされていない。さくらのブログによると、自宅で夫の母と親戚女性の二人にネイルをした記事が有る。又、さくらの経歴時系列を追ってもネイリスト資格を取る期間が有ったのか疑わしい。自ら客としてネイルサロンに通った記事、イタリアへ持参したネイルキットで自分の手にネイルした画像は多数存在する。

記事検索
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • さくらのMONEY勘定~リボンでくるんだお金
  • 最後の咆哮~アズマラ氏和解から
  • さくらのMONEY勘定~たかじん遺言書全文
  • さくらのMONEY勘定~たかじん遺言書全文
  • さくらのMONEY勘定~たかじん遺言書全文
  • おはよう朝日ですと井上公造の「殉愛問題」
  • OSAKAあかるクラブ寄付金放棄騒動
  • たかじんにすがるハイエナ達
  • さくら「殉真」出版差止申立
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ