打越

たかじん本 付箋だらけの殉愛
たかじんの最期を書いたノンフィクション小説「殉愛」の信憑性は地に堕ちた。
次々と明かされるさくら未亡人・驚愕の正体とは・・・。

元弟子・打越氏を訴えたさくら

★名誉棄損なのか?

打越元久さんは、80年代にたかじんさんの弟子をしていた歌手であるが、殉愛発売直後ブログに記した。

「本でコケ落とされてるマネージャーK氏 前マネージャーN氏ほか、たかじんスタッフ/ファン多勢。みんな怒り心頭です」
「百田氏は会った事も無ければ取材もしていないマネージャーKを仕事も出来ないミスばかりする運転手...とマネージャーK氏をコケ落とした」

たかじん側近者として初の「殉愛」に対する異論であり、同書に疑問を持つたかじんファンサイドにとって、共闘体勢を組むにふさわしい声であった。殉愛内で最も悪人非道な人物として書かれたKマネと親交が深く、殉愛では書かれなかった真実を理解している人物であった。打越氏は本当のKマネの姿を知ってもらいたいと立上ったのだ。


さらに、「金スマたかじんSP」番組内で紹介された、数々の「メモ」に対しても疑問の声をあげた。発端は自身がたかじんから渡された自筆メモ筆跡との違いが著しいと感じたとのことだ。


打越氏はラヂオ番組の中でも、殉愛に対する感想を述べた。結果的にこの番組内での発言を対象に、「名誉棄損」で訴訟することになった。しかし番組内でも分かる通り、発売された週刊誌記事を根拠に話しているのだが、それらの週刊誌を訴えることはせず、一市井人を訴えるとは「弱い立場」の人間を狙い、目に見えないネット達の追及を弱めようとする作戦に出たのであろう。たかじん長年の友人である会社社長が開設していたブログに対しても、同様の訴訟を起こした。
訴状には、殉愛で書かれた内容は「事実でない」と発言したこと、後妻のさくらが看病をしているうちに「ガンが移った」として金銭を要求したことが書かれている。後妻さくらは、妻としての品性、人格に重大な疑いを生じさせ名誉が損なわれたとして、1.000万円と巨額な損害請求をしている。


enn1401100725002-n1










殉愛作者・百田尚樹がツイートでこの訴訟を予告している。殉愛一派が力任せの鎮静化を謀ったものだろうが、文面から読み取れるのは「脅迫もどき」だ。このツイート発言に対して打越氏はブログ上で、「一生忘れません」と記した。


百田尚樹の予告通り、打越氏に訴状が届いたことが、本人のTwitterで明らかになった。


★支援の勢い

実は、この訴状が届く前から、反殉愛を掲げるTwitter民やネット民等の間では、さくら達が弱い立場の者を攻撃し、騒動をなかったことにする作戦に出たことへの義憤から支援機運が高まっていた。打越氏も相談すべき個所と連携し、「募金」の形で速やかに支援体制を敷いた。

「打越元久の訴訟を支える会」がそれで、趣意書には以下のように記された。

『本来、打越の責任により戦うべきではございますが、本人も不徳の致すところではございますが現状ではその資金の不足が予想されます。加えて何よりご賛同頂ける皆様の「共にある」というお気持ちをお借り致したくここに「打越元久の訴訟を支える会」の運営を発足する事になりました』

趣意書にある言葉通り、「共にある」との思いは全国に拡がっており、この日を待ち望んでいたと言える。募金方法公表から僅か10日足らずで、303名の有志から2.152.456円の募金を集まる結果となった。無論、声をあげてくれた打越氏応援の思いが一番だと思うが、事故本を世に出しながら脅迫まがいの発言を続ける百田尚樹と、私利私欲に走り、たかじんファンや親族、関係者の思いを逆なでする後妻さくらに対する怒りが、底辺を流れている証明でもある。

▼募金報告ブログに掲載された募金用口座残高。
募金1







件の裁判第一回口頭弁論は、2014年2月18日に大阪地裁で行われた。この日はさくら側弁護士2名が出廷しただけだった。打越氏は傍聴席で様子を見守り、心境を自身のブログで次のように語った。

『次回は目の前の被告席に座るのかと思うと表現し難い気持ちになりました。
先の事は分かりませんが可愛い奥様方、#アリゾウのみなさん、この問題に関心を持たれた方々のお気持ちを背に裁判に挑む事が出来て感謝の思いで一杯です。誇りを持って戦いたく思います』

第二回口頭弁論は4月15日に開かれるが、全国の支援者達は、同氏ブログコメント欄、Twitterや掲示板等で送り続けるエールは、衰えぬ勢いを見せている。

★スラップ( SLAPP) 訴訟

今回の訴訟はスラップ訴訟と似ているとの指摘がある。下記に引用した概要を見ると、弱い立場の者を標的にした点では似ている。

スラップ訴訟は威圧訴訟、恫喝訴訟とも言われる。定訳はないが「市民参加を排除するための戦略的訴訟」というのが語感に近い。

経済的に力のある団体が原告となり、対抗勢力を被告として恫喝的に行うことが多い。被告となった反対勢力は、法廷準備費用・時間的拘束等の負担を強いられるため、訴えられた本人だけでなく、訴えられることの怖さから、他の市民・被害者やメディアの言論や行動までもが委縮し、さらには被害者の泣き寝入りも誘発され、証人の確保さえ難しくなり、仮に原告が敗訴しても、主目的となるいやがらせは達成されることになる。そのため、原告よりも経済的に力の劣る個人が標的にされやすい。あえて批判するメディアを訴えずに、取材対象者である市民を訴える例もある。

そのため表現の自由を揺るがす行為として欧米を中心に問題化しており、スラップを禁じる法律を制定した自治体もある。 (Wikipedia)

さくらの足跡・たかじん逝去後

2014.1.5 (殉愛)
Y弁護士がさくらに電話、娘が「娘に一切相続させない」と知って、カンカンになって怒っていると知らせる。

2014.1.5 (Y弁護士解任陳述書)
さくらがY弁護士に、「長女への遺産相続を1億円で納得させてほしい」と持ちかける。


2014.1.6 (殉愛)
骨壺と共に新幹線で大阪へ。
車中、遥洋子にメール「明日お茶しないかと、ハニーが言ってます」
夕方6時、中澤・木村・長谷川・日置・山西・徳岡・田中がマンションへ。たかじんの死亡を伝え、死亡告知文書原案を見せる。
井関に電話でたかじんの死を報告。

2014.1.7 (殉愛)
遥洋子が訪問、たかじんの死を知らされる。この時「おこずかいを貰った」と本人が証言。
夕刻、相原康司・井関猛親がマンションへ、相原はここでたかじんの死を知らされる。
山西達7名が告知文原稿を持って訪問、「今夜11時に流して下さい」。
TVTVTV山田晃が訪問、告知文サイトアップを約束。
さくらはたかじん長女に電話、親族へ知らせることを許可。

2014.1.7 (殉愛)
深夜「たかじん追悼番組」を流そうとした毎日放送へ井関猛親が電話、「これを流すと大変なことになるぞ」と脅し、番組は中止。

2014.1.7 (殉愛)
Y弁護士がPISへ乗込み、「KとUには一切の権利がない」と伝え、会社の帳簿と関係書類を持ち出す。
(※殉愛の真実では、実印、通帳、帳簿類や契約書となつており、後に実印と決算書などをさくらに手渡したとされている)


2014.1.17 (サンデー毎日)
たかじんの実弟と実母が遺骨と対面、キリスト教式祭祀のため線香はあげられず。


2014.1.17(or23) (週刊朝日)
さくら、Y弁護士に「自宅金庫の中の現金は、私のものだったことにしてほしい」と依頼するが拒否される。たかじん氏との間の業務委託契約書を見せる。

2014.1.18 (つるべのヤングタウン/ニッポン放送・日曜日のそれ)
鶴瓶、ハワイから帰国、成田-伊丹空港からたかじんマンションへ直行し、お参りする。その際に"つるべぇ"と書かれた、たかじんメモ(日記)を見せられる。ハワイ滞在中にさくらから、逝去とメモがあるとの電話が入っていた。

▼当時の様子を話す「つるべのヤングタウン」


2014.1.19 (宝島・殉愛の真実)
たかじん長女がY弁護士と羽田空港で会い、「遺言書」を書き写す。

2014.1.28 (週刊朝日)
呼び出されたY弁護士にさくらは、「実はたかじんとの業務委託契約書がある、認めてもらいたい」と主張。弁護士は「裁判所の判断をあおぐべきだ」と主張し、話し合いは平行線となった。

2014.1.29  (宝島・殉愛の真実)
さくらとボーイズ相原代表、「先生、遺言執行者を降りてください」とY弁護士に要求、Y弁護士は拒否。

2014.2.5  (宝島・殉愛の真実)
さくらが桃山学園へ寄付放棄交渉に出向く。温井校長に「寄付は1億円あります。実は私はお金に困っていて、寄付を放棄して下さい」と訴える。

2014.2.8  (宝島・殉愛の真実)
さくらは、たかじんが書いたとされる「メモ」と「骨壺」を持参し、桃山学園温井校長と面談。いわゆる「温井メモ」を渡した。不信感を抱いた温井校長が却下。

2014.2月 (宝島・殉愛の真実)
さくらがY弁護士に対し、金庫内を写したビデオ()2013.12.29撮影)を返せと要求。Y弁護士は拒否。

2014.2.21 (宝島・殉愛の真実)
さくらの代理人弁護士からY弁護士に、遺言執行者に就職すべきでない、就職するなら解任申立てをするとの文書が届く。

2014.2.22 (宝島・殉愛の真実)
さくらが2億7千万円入っているはずの自宅金庫を開ける。Y弁護士の制止を聞かなかった。

2014.2.25  (大阪家裁)
遺言書検認される。

2014.3.3
たかじん権利管理会社「Offise TAKAZIN」が設立される。さくら一人役員。
それまでPISに支払われていた「冠料」などの振込先を、OffiseTakazinに変更される。

2014.3.3
大阪リーガロイヤルホテルにて「TAKAJIN MEMORIES 2014 あんたのことが ICHIZUに やっぱ好きやねん」開催される。主催は在阪テレビ局5社。
昼の部(一般)3.700人が献花、夜の部は500人が参加。さくらは中央席、親族は末席が用意された。

2014.3.10 (宝島・殉愛の真実)
Y弁護士に「遺言執行者解任」の申立てがされた。委任理由は「自宅金庫内を撮影したビデオを返せ、との要求を拒否した」。その後Y弁護士は自ら辞任。
(週刊朝日は3.20としている)

2014.4.29 (伊夫twitter)
伊夫イヴン、ホンダバイク購入


2014.6.2
「やしきたかじんメモリアル」設立。「やしきたかじんオフィシャルウェブサイト」からの名称変更。
運営会社は株式会社OfficeTAKAJIN、TVTVTV株式会社、責任者 相原康司ボーイズ代表(当初はTVTVTV 山田晃)。

2014.6
たかじん実母死去。
さくらは葬儀に参列するも焼香、親族との会話はなし。

2014.6
さくら、ボーイズ取締役就任。たかじんの持株を継いだと思われる。
ボーイズ(代表・相原康司)とはテレビ番組制作会社で、たかじん冠番組を制作している。

2014.7.17 (スポニチ)
たかじん銅像建立計画が伝えられる。

2014.9.11 (宝島・殉愛の真実)
大阪あかるクラブ2億円寄付放棄交渉へ出向く。
訪問者はさくらと「殉愛」著者・百田尚樹、「AZITO」代表・井関猛親の三人。
さくらは数ヶ月前から、あかるクラブ役員個別に意向を打診していた

2014.10.16 (宝島・殉愛の真実)
大阪あかるクラブと寄付金放棄再交渉。
あかるクラブ側が妥協案を提示するも、さくらが一方的に拒否し決裂。さくらはあかるクラブ側にたかじん冠を使用しないように発言。
同席した百田があかるクラブ役員に対し、「たかが2億円で卑しい」と発言。

2014.10.17 (百田尚樹Twitter)
純愛執筆校了

2014.10.20
Kマネ、26年勤めたP、I、Sを退任する。

2014.秋 (宝島・殉愛の真実)
「遺言目録」が作成される。
金庫内現金は1億円と記載された。当初有った2億8千万円から、1億8千万円減っているが、それはさくらのものと主張した(担当F弁護士)。遺産総額8億6千万円で確定。

2014.11.7
幻冬舎刊、百田尚樹著「殉愛」発売。初版25万部。

2014.11.7
TBS「金曜日のスマたちへ」で殉愛特番放送。
この番組で放映された、さくら画像、たかじんメモ、看病日記が、後に殉愛とさくらの命取りとなる。

2014.11.11
さくらの「都会っ子ブログ」の読者だった、イタリア在住者からのあるブログへの書込みが発端となり、さくらの結婚歴(伊夫・イヴン)があきらかになる。

2014.11.21
たかじん長女が、名誉棄損、プライバシー侵害、父への敬愛追慕の念の侵害を訴え、出版差し止めと損害賠償を求めて「殉愛」の出版元である幻冬舎を提訴した。


2014.1.23
読売テレビ「そこまで言って委員会」、殉愛の特集部分がすべてカット。

2014.12.20
O.T社から「やしきたかじんメモリアルフレーム切手」を限定5万セットを4.530円で発売。

2014.12.22
さくら、打越もとひさ氏を名誉棄損と損害賠償請求で大阪地裁に提訴。
打越もとひさ氏のインターネットラジオでの発言について「全く事実に反し、名誉を棄損するもの」「妻としての品性、信用に重大な疑いを生じさせた」と主張している。慰謝料の請求額は1000万円。

2014.12.24
大阪あかるクラブ、桃山学園へ遺言執行人が寄付実行。
大阪あかるクラブ2億円、桃山学園1億円。

2015.1.13 (スポニチ)
たかじん銅像建立計画頓挫報道。

2015.1.13 (週刊朝日)
たかじんの長女が「殉愛」著者の百田尚樹に対し東京弁護士会へ人権救済申し立てを予定、理由はtwitter上で脅された。

2015.1.21
やしきたかじんの友人であるアズマラ氏を名誉棄損と損害賠償請求で提訴した。損害賠償の請求額は1000万円。

2015.1.21 (日刊スポーツ)
大阪市橋下市長が、たかじんから大阪市への寄付受取を再検討していると返答

2015.1.21 (長女弁護士)
長女は減殺請求権(法律で定められた遺産の相続分を請求する権利)をめぐり訴訟を起こす考え。

2015.2.23
宝島社「百田尚樹 殉愛の真実」発売

2015.3.2 (リテラ)
さくらが殉愛の検証本「百田尚樹殉愛の真実」の出版差し止めを申し立て

2015.3.3
たかじん偲ぶ会が二ヶ所で開催される。

(※詳細は打算と逆襲カテ・二つの偲ぶ会 (一周忌))

2015.3.9
関西テレビは最長寿冠番組「たかじん胸いっぱい」を、4月4日放送分から番組タイトルを「胸いっぱいサミット!」にリニューアルすると発表

2015.3.12
読売テレビは冠番組「たかじんのそこまで言って委員会」のタイトルを、4月5日放送回から「そこまで言って委員会NP」に変更すると発表。


2015.3.18 (サンスポ 2015/4/16)
さくらがサンデー毎日誌を名誉棄損で提訴。請求額は計2.200万円。

2015.3.18
さくらが女性自身誌を提訴
損害賠償請求事件、訴訟物の価格 3,300万円

2015.3.31
さくら、ボーイズ(制作会社)取締役を退任。

2015.5.26 (azumaraブログ)
たかじん友人アズマラ氏、ブログ上で家鋪さくら宛謝罪文掲載。
さくらは同氏ブログ記載内容に対し名誉棄損で提訴していた。今回の謝罪文掲載は和解しその条件の一端と思われる。

2015.5.57 (たかじんメモリアルサイト)
アズマラ氏の謝罪を受け、家鋪さくらは「たかじんメモリアルサイト」上に、裁判と謝罪に至る経緯を掲載した。


二つの偲ぶ会 (一周忌)

★騒動の中で

2015年2月3日、二つの偲ぶ会が行われた。たかじんの命日は1月3日であるが正月三が日なのでこの日が選ばれたのだろう。

一つはたかじんの親族やお弟子さん、古くからの友人達が集まった「偲ぶ会」、一つはさくら未亡人が主催した「TAKAJIN MEMORIES 2015」だ。何故、こうなってしまつたのか? 原因は未亡人側にある。たかじん闘病中に親族に会わすこともなく、親兄弟が死亡を知ったのは直葬を終えた後だった。更に遺産相続や裁判等のトラブル、百田尚樹も加勢した長女に対する暴力的な発言、落としどころを失ったさくらと百田尚樹。亀裂は修復不可能なところまで来ている。

二つの会の背景と概要はニュース記事を引用する。

なぜ、敵対するように偲ぶ会の開催日時が重なってしまったのか。親族側の関係者は「先に決まったのはこっち。後から同じ日の、しかも同じ時間にぶつけてきた。音楽と放送(の関係者)で分かれたことにしたけど、こっちに来るはずだった人もいっぱいいる」と不満を爆発させた。
親族側関係者は「テレビ局を中心に『こっちに来るように』と圧力をかけていた。局の人間にしてみれば踏み絵のようなもんですよ」と反論。続けて「親族側の代表に偲ぶ会を中止するように求めてきた。もちろん、突っぱねましたが…」と明かした。
(東スポweb)

大阪umeda AKASOでは、「『たかじん』を偲んで」が行われた。約30年前、たかじんさんが月イチでライブを行っていたゆかりのライブハウス。デビュー当時から支えたコンサートスタッフ、バンドメンバー、放送作家ら約130人が集まった。(サンケイスポーツ)

大阪・中之島のリーガロイヤルホテルで、たかじんさんの一周忌を偲ぶ会が行われ、落語家の桂ざこば、フリーキャスターの辛坊治郎らテレビ局関係者ら約150人が出席した。

会の関係者が「取材は一切お断りしています」と、報道陣をシャットアウト。中の様子について、出席した新党大地の鈴木宗男代表は「(冠番組を持つ)読売テレビ、関西テレビ、テレビ大阪が挨拶して、百田もいた。奥さんもおった」と説明。辛坊が司会を務め、たかじんさんの妻のさくら氏や「殉愛」を出版した作家の百田尚樹氏(58)も出席していたという。(サンケイスポーツ)

市内のホテルでは「TAKAJIN MEMORIES 2015」と銘打った会合が非公式で行われた。出席者によると、スピーチに立ったさくらさんは「ご心配をおかけして申し訳ありません。本のことは後悔してません」と語っていたという。百田氏は「お騒がせしてます」と話したが、騒動の詳細までは語らなかったという。 (デイリースポーツ)


▼飲食物を持ち込んだ手つくり感溢れる親族達の偲ぶ会
アズマラしのぶ会















★親族達の結束

「これまで沈黙を保っていた親族から、亀裂が決定的なメッセージが発せられた」

実弟の家鋪良行さん(62)が兄の“真実”を訴えた。
献杯のあいさつに立った良行さんは「64歳で亡くなった父、長男、昨年5月に胃がんで亡くなった母の入院費、葬儀の費用もすべてたかじんが出してくれた。外では疎遠的なことを言うてたけど、本当は親族を大事にしてくれていた。そういったことを分かってくれたら」と訴えた。
死去の際は「(さくら氏側から)次の日に発表やからと連絡があっただけ。話にならん。母はすごくショックを受けていた」と明かし、昨年3月の偲ぶ会についても、「母が近所の人に『行くんやろ』と聞かれ、『何の話?』と。辛いです。絶対許せない」と語気を荒げた。 (サンケイスポーツ)

 今後については、「真実を何らかの形で伝えていく。ファンの方はわかると思うし、すぐにメッキがはがれる」ときっぱり。「これから、はっきりとわかってくる時期がくるはず。これがホンマの『やしきたかじん』だという姿を、わかってもらいたいもの…」と絞り出すように話した。
(デイリースポーツ)

★百田尚樹も出席し挨拶した「TAKAJIN MEMORIES 2015」

(画像は勝谷誠彦FB掲載分より)
勝谷fb









★削がれるさくらグループ

一方、未亡人が主催した会には異変が起きていたようだ
参加人員は主催者発表150名となっているが、実際にはもっと少ないとの情報も有る。しかし、未亡人側にとってよりショックなのは不参加の面々なのではないか。
純愛騒動の最中に未亡人擁護発言をした人達、たかじんの番組で恩義を感じ出席するだろうと見られていた人達、そして芸能関係の大物達。情報を拾ってみると・・・。


今日の偲ぶ会!?について報告致します
昨日、百田は来ないと言いましたが来とりましたwww
よみうりテレビ、関西テレビ、テレビ大阪の社長誰も来てませんw
みなさんが知ってる著名人は杉浦太陽w、ざこば師匠、井上ハム造だけ来てましたw
遥洋子、電波芸者モモコ 、トミーズ雅誰も来てませんw
明治天皇玄孫も来てません
要はそこまで言って委員会スタッフが主導の会でした
(2ch既婚女性板への書込 2.4深夜)


匿名掲示板なので真偽不明だが、その後同掲示板に意味深な書込みがある。真に受ければ未亡人側関係者が「余計な情報」を流されたくないと取れるものだ。

招待客の中に、獅子身中の虫がいたとは。
アンチの行動には、もはや怒りを通り越して呆れる。
ネット上にうじうじ書かずに、面と向かって言えばいい。
(2ch既婚女性板への書込 2.4深夜)


さくらさんは素晴らしい女性ですとテレビで公言した竹田恒泰、委員会常連の金美齢、田島陽子、津川雅彦、山口もえ。たかじんの世話になつたM・黒田、堀ちえみ、遥洋子、ハイヒールももこ、トミー雅、北野誠、そして大親友だった鶴瓶やたけし達も来てない事になる。詳細なたかじん情報を持つこれらの諸氏が騒動について発言をし出したら・・・未亡人と百田尚樹は夜も寝られない日々を過ごすことになるかも知れない。

最後にこのツイートを紹介しよう。
たかじんNOマネーMCの「眞鍋かをり」は一番最初にさくら擁護の発言をし、さくらと"飯友"で相談に乗っているとされていた。しかし会が始まる直前にツィート。これは決別を意図的に公言したと考えられる。所詮、仕事欲しさで繋がっているだけなのだろう。


百田尚樹も出席を迷った経緯が窺がえる、既に憔悴しきっている状態だと思う。


記事検索
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • さくらのMONEY勘定~リボンでくるんだお金
  • 最後の咆哮~アズマラ氏和解から
  • さくらのMONEY勘定~たかじん遺言書全文
  • さくらのMONEY勘定~たかじん遺言書全文
  • さくらのMONEY勘定~たかじん遺言書全文
  • おはよう朝日ですと井上公造の「殉愛問題」
  • OSAKAあかるクラブ寄付金放棄騒動
  • たかじんにすがるハイエナ達
  • さくら「殉真」出版差止申立
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ