医療行為

たかじん本 付箋だらけの殉愛
たかじんの最期を書いたノンフィクション小説「殉愛」の信憑性は地に堕ちた。
次々と明かされるさくら未亡人・驚愕の正体とは・・・。

無くなった指紋

★看病日記

百田尚樹は彼女の看病日記を見せられた。二十四時間たかじんに張り付き、三十分ごとに日記に書き、睡眠は数分だった。殆ど食事を摂らず看病を始めて8Kやせた。その献身ぶりは看護師達も驚いたとのことだ。

【引用: 141-142P】
「長いことナースやっていますが、ここまで夫のために看病する奥さんなんて見たことがありません」
「単に頑張るだけじゃなくて、勉強量がすごい。自分でも調べるし、医師やナースたちの勉強会にも参加する」(竹中看護師長)
「今だから言いますが、初めてお二人を見た時は、六十を過ぎた有名タレントに若い女性というカップルですから、ナースたちの間で『あの女性の目的って、やっばりお金かなぁ』と話したこともあります。でも、その後のさくらさんを見ていると、お金目的ではとてもことじゃないと思いました。」(細井順子ナース)
細井はさくらに同情しすぎて「別れろ」とまで言っている。
「(中略)・・・・・それで林(たかじんは偽名で入院)さんの浮気の話しを聞いた時は、本気で『こんな男とは別れたほうがいい、棄ててしまいなさい』と言いました。
さくらは清拭、おむつ交換、パジャマ洗濯、シーツ交換もした。(中略)、
便秘で便が出ない時は肛門に指を入れて、固くなった便を指で掻き出すことまでした。それらは本来、看護師の仕事だが、さくらは自分でやれることは自分でやろうと決めていた。その代わり、看護師にかやれない事は、きっちりとやってもらう。だから、たかじんが仕事ぶりをみて不安に感じたりした看護師に対しては、敢えて苦言を呈した。(中略)

★さくらが示した看病日記
看病






★摘便

人は数分単位だけの睡眠で何日耐えられるのか、精々2、3日ではないだろうか。しかも食事を摂れないたかじんが可哀相との理由で、自分も殆ど食事を摂らなかったようだが、本気で看病するのなら自身が倒れるのを防ごうとするのが常識的な考えだと思う。

清拭、おむつ交換は本人希望で付添いがやる場合も有り得るかも知れないが、パジャマは感染症予防で病院支給物の着用を求められ、それは病院で殺菌洗衣される。シーツ交換も必ず病院スタッフが行う。特にたかじんは機器装着期間が長く、寝たままでのシーツ交換のケースが多いので、ベッドから陥落する等の危険が伴うため、慣れたスタッフが行い家族にまかせる事は有り得ない。

さくらが固くなつた便を指で掻き出したそうだが、こちらはもっと有り得ないことだ。この行為は「摘便」という医療行為にあたり、資格を持ったスタッフでないと出来ないことになっている。同類の医療行為で言うと、病院から出された浣腸も医師・看護師が行うと定められている。その際は最低限血圧測定を行う。
次の頁で汚物はすべて素手で処理したと書かれているが、まさか摘便も・・・ネイル自慢の指で行っていない事を願うばかりだ。

さくらは自慢げに話したことだろうが、作者はこんな初歩的なことも調べていないことに驚くが、 さくらが医師や看護師の勉強会に出席したとの記述で、読者の目を欺けると思ったのだろうか。
だが、まだまだ驚きの行為が綴られる。


【引用: 純愛 141P】
このころ、さくらは掌の皮がすべて剥けている。これはたかじんの体を拭くときに熱いタオルを使うためだった。通常は四十度くらいの湯にタオルを浸けるのだが・・・(中略)・・・痩せて寒がりになっていたたかじんには、もっと温かいタオルで拭いてあげたかった。それで70度前後の熱湯にタオルを浸けた。すると、掌の皮が火傷のようになり、それを毎日繰り返しているうちに、掌の皮が剥けてしまったのだ。
(中略)
さくらは私に両手を開いて見せながら、「女の子の掌じゃないでしょう」と恥ずかしそうにた。たしかに、指紋がほとんど消え、皮も厚い。何度も皮膚が炎症を起こして剥けたからだ。

★熱湯

70度の熱湯でタオルを絞るのは不可能、たった1秒で組織破壊される。本当に出来るならさくら&百田コンビで動画にアップして見せてもらいたいものだ。
通常、病院では温熱器で温められた滅菌タオルを使う。三田病院ほどの総合病院でこの設備がないとは考えられず、病棟各フロアに用意されているはずだ。

温熱熱傷とは、熱湯、火焔、蒸気などの熱による損傷。人間の皮膚は45℃以上の温度で熱傷になる。45℃の場合1時間、70℃の場合1秒で組織の破壊が始まる。 (Wikipedia)

火傷で指紋が消えるのは火中にて爛れさせるまで焼かないと消えない。70度のお湯でのタオル洗浄が有り得ない話しなのでどうでもいいが・・・・奮闘ぶりを伝えたいのなら、重い肌荒れを表現した方が真実性が有ったと思う。

純愛でのこのページはさくらの献身ぶりを記したはずが、看護師に苦言を呈する一方で、看病人の役割を越えた行為を平然と行っている。やはりクレーマー体質なのだろうか。 三田病院の実態を貶めることにもなっており、掲示板上でも医療関係者から疑問を呈されている。是非、別れろと言った看護師を含め三田病院の見解を伺いたいものだ。

▼「患者を守る視点」を指摘された掲示板投稿

無理にでも美談にしたいがために
百田はよく知りもせず、よく調べもせず、
この間のツイッターの有田事件みたいに結論ありきで断じて
完璧な介護天使だったとしたいがためにいろいろ思い込みと無知さ、
あるいは故意的な捏造でねじ曲げてしまっていると思います
百田や出版側の責任もかなり大きいと思います

曝露の件もさくらが実際に嫡便をしたのかわかりませんが、
とにかく複数の看護師が、手袋をした方がいいとアドバイスした時に
看護側を守ることにだけ言及して
患者、たかじん側を手の菌などから守るためだということについて誰も言及しなかったと、そんな頭のおかしい病院だったと
(2ch 既婚女性板より)

縫合不全再手術

★ぺちゃんこになった肺

4月18日夜、久保田が縫合不全の疑いがあるとして、ドレーンを挿入して肺近くの膿を抜いた。たかじんは、痛みで「うーん!」と大きな声をあげた。

4月19日、検査の結果「合併症・縫合不全」と診断され再手術を受けることになった。ほころびから洩れた膿が流れ出し、肺を押しつぶしてぺちゃんこになっていたのだ。
肺を取り出してドレーンを三本入れる大手術となり、たかじんの手術は六時間で終え、竹中看護師長に「生きてるのが不思議なくらい」と言われた。


★でしゃばり気質

【引用: 純愛133P】
今回の縫合不全は自分が異変に気付いたから発見できたとも言える。
(中略)
すべてを医師と看護師まかせにしてはいけないと思った。彼の命を守るのは四六時中そばにいる自分の役目だ。・・・・・自分も病気と治療に真剣に向き合い、もっと勉強しようと決めた。


「自分が見つけた」「四六時中そばにいる」「父よりたかじんが大事」、"純愛設定"に重要なパーツの言葉が並ぶ。
医師と看護師に任せておけないとは、知識も経験もないさくらが何を出来るのか。周囲の者が知識を持っておくのは大事だが、聞きかじりの知識で中途半端に口を出すのはクレーマー予備軍と化すだけで、病院にとっては迷惑なことだろう。

又、再手術後の譫妄状態がひどく、医師はドレーンを抜こうとするたかじんをロープで縛ろうとしたが、さくらは「夜の間は私が見ますから、彼の手足を縛らないで」と訴えた。医師が認め、これ以降、ICUに泊まり込むことになったとある。
医師が指示した処置を曲げてまで付添いをICUに泊まらせたり、患者を見させたりする病院はないはずだ。三田病院はこんな表現をされて黙認してるが、本当に大丈夫なのか。

★手術への指摘

「縫合は医療機器を使って自動的に止まるんですね。それを使っている以上、医師の腕に差はないんです。ただ手術の前に抗がん剤とか放射線とかを入れると、分かりやすい話が筋肉がボロボロになるんです。」
(たかじんの長年の相談役である形成外科医「伊東信久」の証言)
たかじんは、伊東医師から紹介された大阪市立大病院に当初入院していたが、さくらが紹介したとされる三田病院へ転院した。
(角岡伸彦著/小学館・ゆめいらんかね やしきたかじん伝)


伊東医師が言う医療機器を使った縫合とは、4月9日に施術された一回目の手術のことを指している。この手術は内視鏡手術(今回は腹腔鏡)と言われるもので、創が小さく術後回復も早いのが利点とされている。しかし、食道がん手術の場合はガンに冒された食道を切り取り、食道の代用として持上げられた胃と残された食道を繋ぐことになるが、縫合機器を利用した場合は繋ぎ目ぎりぎりを縫合する為、ほころびが出る可能性が高い。伊東医師が指摘しているように、特に細胞が脆くなっている抗がん剤を利用した後の手術では、開腹により縫い代に余裕を持たせた処置が必要になる。
たかじんの場合はまさにこのケースに該当している。
殉愛では腹腔鏡手術に一切触れておらず、むしろ手術のミスではなく、患者の誰にでも起こりうると記している。この時の執刀医は宇山医師とされているが、主治医はたかじんの死亡を確認した久保田医師である。久保田医師は殉愛の重要なポイントに登場し、金スマにも出演してさくらの看病ぶりを高評価した人物であるが、その殉愛の中で表現されている不可解な医療行為やたかじん死亡のシーン等に関しては一切無言である。
医師の守秘義務はあるだろうが、殉愛は圧倒的なノンフィクションとふれ込まれた小説である。あまりにものミステリーゾーン化に、久保田医師をグレー視するたかじんファンやネット民が多い現状であり、さくら未亡人に呈されている問題を抱えているのかとの疑念も沸く。それがあるとするなら自分の推測では、結果的に縫合不全を起こした一回目の内視鏡手術が、その突端だったのではと思う。


★父のガン

【引用: 純愛131P】
(4月19日)手術中に、妹から電話がかかってきた。
「お父さんが二十三日から入院するの」妹は言った。「それで二十五日に手術することに決まった」
まさかこんなときに父の手術の話を訊かされるとは思わなかった。
「お姉ちゃん、帰ってこれる?」
「ごめん、今は無理。たかじんさんが大変なときなの」
事情を説明すると、妹は「仕方がないね」と言った。

その後、父に電話をするとかんかんに怒り、これ以降勘当状態にされたというが、父のガンはイタリアで待つ夫と家族へのいい口実になった。実情は乳飲み子を抱えた妹さんに任せたわけだが。

記事検索
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • さくらのMONEY勘定~リボンでくるんだお金
  • 最後の咆哮~アズマラ氏和解から
  • さくらのMONEY勘定~たかじん遺言書全文
  • さくらのMONEY勘定~たかじん遺言書全文
  • さくらのMONEY勘定~たかじん遺言書全文
  • おはよう朝日ですと井上公造の「殉愛問題」
  • OSAKAあかるクラブ寄付金放棄騒動
  • たかじんにすがるハイエナ達
  • さくら「殉真」出版差止申立
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ