出来事

たかじん本 付箋だらけの殉愛
たかじんの最期を書いたノンフィクション小説「殉愛」の信憑性は地に堕ちた。
次々と明かされるさくら未亡人・驚愕の正体とは・・・。

一回目のフライデー

★何をぼやっとしてんねん

6月9日、たかじんは三田病院を退院し六本木のマンションで暮らし始める。経腸栄養チューブを装着したままだった。
退院前、たかじんがマックを食べたいと言い、マックでフィレオフィッシュとチキンナゲットを買ってきて食べさせ、退院の前日には病院スタッフ一人一人にお礼の品を渡した。


7月に入ったある日、Uからさくらに電話があった。

【引用: 純愛 171-172P】
「たかじんとあんたが写真撮られた」
一瞬、何のことかわからなかった。
「フライデーに撮られたんや、今週、発売や」
「全然、気が付きませんでした」
「何をぼやっとしてんねん!」Uは怒鳴った。「これで、東京の住所も極秘入院もバレてしもたやないか。今後、取材が殺到したら、どうするつもりや!」
(略・・・しばらくしてUとKがやってきて、ゲラをたかじんに渡した。)
さくらに向かって、「なんでもっと注意しなかったんや」と怒った。Kも同じようになじった。
「お前ら、うるさい」
たかじんは一喝した。
(中略)
さくらにも疑問が残った。誰が情報を提供したのか・・・・・・・・
もしかしたら意外な人物ではないのかという気もしたが、そのことはそれ以上考えないようにしようと思った。
6日、FRIDAYが発売された。記事のタイトルは「やしきたかじん、美女に付き添われ闘病中」。(中略)
記事のは悪意あるものではなかった。


▼スーパーで買い物するたかじんが盗撮された
friday








★リーク

さくらは後に「セレクタリー契約」などの説明をしている。その通りならこれはさくらの失態だし、お得意の訴訟の発言も有って然るべきではと思うが、それ以上考えないようにとは、「美女」と書かれて喜んだのか、さくら側に立って利する輩のリークだろうと思う。
何らかの意図を持つ者はこうして既定事実を作っていく、「自分もハメられたことがあるなぁ」これは自戒だ。

▼見方によってはさくらは写されるのを分っていたいたように見える
東京マンション2













★「彼の服はすべてさくらがコーディネートしていた」

さくらの発言の一つに「彼の服はすべてさくらがコーディネートしていた」がある。
さくらはたかじんの金庫に入っていた1億8千万円は私のものと主張し、相続遺産に含まれない自分のお金としているが、長女側代理人の的場弁護士は「さくらは、それを遺産ではなく『私に対するコーディネート料』と主張している」意味がわからないと話している。
「コーディネート料」とはこのことだったのか。そうであるなら1年半で1億8千万円稼ぐスタイリストと言えるのだが・・・。

★三田病院

三田病院は食道ガン手術後の患者に病院食以外の食事を容認したり、お礼の金品を受け取ったりしている。本に記述された点から思うに、三田病院は公然とお礼を受け取る病院なのか。さくらが無知なだけと思いたい。

★ハンバーガー

【引用 :殉愛 160P】
六月五日、たかじんが「マクドを食べたい」と言ったので、さくらは近くのマクドナルドでフィレオフィッシュとコーラとチキンナゲットを買ってきた。彼は「美味しい、美味しい」と言って食べた。

下に掲載した動画は「僕がハンバーガーを食べないわけ」と題された、たかじんトーク番組である。
彼が実家を勘当されて京都で住んだ時にアルバイトをした「ホリデーバーガー」の思い出を語る内容となっている。
この中で店のオーナーだった佐々木さん(故人)から弟のように可愛がられた様子と、歌手を目指した初期の苦労した舞台として、たかじんの胸に深く残る思い出としての位置付けがよく理解できる。
さらにテナントとして支店を出店していたデパートにある日「マック」が出店し、支店の売り上げが激減し運営形態の変更を余儀なくされた。
ここのハンバーガーがとても美味しくて、たかじんは一年で10キロ太るほど食べたと話していることとあわせて、夢だらけだった青春時代の想い出がつまった店であることが言わせたと思うが、番組途中の謎解きで、『ホリデーバーガー以外のハンバーガーは死ぬまで食べない』と断言している。
その彼が、「マックを食べたい」と言って買いに走らせることはないと思うが、背景がここで終わっていれば、単に本当のたかじんを知らないさくらと百田尚樹の作り話しと受け流して済むのだが、本当の理由は他に有りそうだ。
同じ番組の中で、たかじんの最初の妻と出会った場所が「ホリデーバーガー」だと言い、彼女はたかじんの誕生日に亡くなったと人目を憚ることなく涙するシーンが有る。たかじんがハンバーガーを食べない最大の理由には、たった一人の娘を出産した最初の妻への未練と懺悔を含んでいたのではないだろうか。たかじんの想いを知ったさくらの凄まじいジェラシーが書かせた「マックエピソード」だとしたら、さくらの残虐性は計り知れない。

▼ホリデーバーガーへの思いを話すたかじん


ウソだったアメリカ生活

★アメリカ

【引用: 純愛137-138p】
さくらは昔からこうと決めたら猪突猛進するところがあった。二十一歳で単身アメリカへ渡ったときもそうだったし、二十八歳でイタリアでネイルサロン開いた時もそうだった。。
また小学校五年生のときのこんなエピソードもある。二歳上の兄が通学途中に部活の先輩たちにいじめられているのを見たさくらは、兄を助けたい一心で、近所に住むやくざの家に行き、「お兄ちゃんを助けてくださいと頼んだ。見知らぬ女の子の切なる願いを聞いたそのやくざは、すぐに家を飛び出し兄をいじめている先輩たちを一喝した。それ以後、兄へのいじめはなくなった。


殉愛で書かれた帰国子女、アメリカ留学設定は、その後さくら本人のSNSの記録や複数の出版物により、作り話であることが判った。ベネチアで開店していたというネイルサロンの実態も明らかになっておらず、パリ・ミラノ・ベネチアを飛び回っるキャリアウーマン像も明らかになっていない。それらの各地を旅行した記録は残っているので、ある程度の土地勘は持っているようだ。

★最初の結婚

「殉愛」ではさくらさんは21歳の時に単身アメリカへ渡り、1年半暮らしていたというが、取材をしたところ、この間は大阪府在住の男性と結婚生活を送っていたことが判明。しかし結婚期間は2年に満たなかった。元夫にも話を聞いたが、結婚を認めた以外は何も語ろうとしなかった。
これはさくら一回目の結婚となる。(女性自身 2014.12.30号)

最初の夫が何も語ろうとしないということは、そうせざるを得ない事情が有るのだろうと思う。
(※詳細はこちらで・さくらを通り過ぎた男達)

小学五年で中学生の揉め事にやくざを使う感覚は理解しがたい。さくらの小中高時代を知る人の証言が出てこないが、あまり関わりたくない人物である事が予想出来る。

今、やってきてん

★浮気

その後たかじんは三田病院で抗ガン剤治療を受け、手術日が4月9日に決まり大阪で静養していた。
3月24日、さくらは伯父のマンションからたかじんの自宅の向かいのマンションに引っ越した。引っ越しが一段落してたかじんに電話すると「用事があるから後からおいで」と言われた。

【引用: 111P】
エントランスを抜けて、エレベーターの前で待っていると、ドアが開いて中から四十すぎくらいの女性が降りてきた。黄色い派手な服を着たロングヘアの女性だった。エレベーターに乗ろうとすると、その女性がすれ違いざま、さくらに言った。
「あんた、遊ばれているで。私、今、じんちゃんとやってきてん」
女はそのまま去っていった。
あれは誰? もしかしてじんちゃんの彼女? 今のはどういう意味? さくらは動揺しながらもエレベーターのボタンを押した。


さくらが玄関に入ると女性もののハンカチとメモが落ちており、メモには「消えろブス」と書かれていた。更に部屋に入ると「じんちゃん大好き」と書かれたスカーフが見つかり、さくらが誰か来たのかと訊いたが「誰も来てないで」と気のない返事をし、翌日、詰問すると「遊び相手や」と言い訳をする。
このTという中年女性は、殉愛の中で金に賤しい性処理係として数度にわたり登場する。実在するのか不明だが、さくらの引き立て役として位置付けなのは間違いない。
それにしても、金スマで「今、やってきてん」と言った女のレベル設定が、たかじんの好みに似つかわしくなかった。あの世で「いい加減にせんかい!」と指し棒振り回したことであろう。

★もとめられないさくら

さくらの頭の中は「今、やってきてん」の言葉がリフレィンする。確かにこれまで自分とは肉体関係がない、さくらも意外に思っていたとのことだ

この発言は求められると受け入れる気でいた証明だ。たかじんも結婚相手の認識を持っていたなら、違う女と寝るくらい性欲が有るのなら、既にさくらを抱いたであろう。中高生のラブロマンスではないのだ。
やはりさくらは身の回りのお世話係で雇われたのだろうと推測している。

たかじんを古くから知る知人の中には、さくらはたかじんの好みの女じゃないとコメントしている人もいる。たかじんも生前のテレビ番組で「俺はNo1が好きなんだ」と発言している。それはごもっともだ、新地の店でも美人が付かないとママを呼んで叱りつける逸話を持つ男だから。
自分から見てもさくらは・・・いや、やめておこう、画像しか見ていない。伝聞によると「人たらし」とのことだから、男から見て何らかの魅力があるのだろう。取材旅行を含めて300時間もの時を共にしたという、百田大先生に感想をうかがいたいものだ。


★引越

さくらは勝手に越してきた、或いは、たかじんはお世話係用にマンションの空いてる部屋を用意したとの説もあるが、それは差し置こう。
本当にフィアンセで「浮気」の言葉を使うなら、たかじんのマンションで暮らしてもいい筈だ。現に1月25日に、たかじんはマンションの一部屋を与え、クロ―セットの引き出しも整理して使えるようにし、マンションの鍵を渡している。そうでないなら、殉愛でいうところの借りていた伯父のマンションは二丁角しか離れていないのだから、そこからでも通える距離だ。何故たかじんの自宅の向かいに越して来たのだろうか。さくらには押しかけなければならない策略と、別なマンションに住んでいる証しが必要だったと言っていいだろう。

記事検索
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • さくらのMONEY勘定~リボンでくるんだお金
  • 最後の咆哮~アズマラ氏和解から
  • さくらのMONEY勘定~たかじん遺言書全文
  • さくらのMONEY勘定~たかじん遺言書全文
  • さくらのMONEY勘定~たかじん遺言書全文
  • おはよう朝日ですと井上公造の「殉愛問題」
  • OSAKAあかるクラブ寄付金放棄騒動
  • たかじんにすがるハイエナ達
  • さくら「殉真」出版差止申立
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ