プロローグ

たかじん本 付箋だらけの殉愛
たかじんの最期を書いたノンフィクション小説「殉愛」の信憑性は地に堕ちた。
次々と明かされるさくら未亡人・驚愕の正体とは・・・。

百田尚樹に渡されたメモ

★たかじんメモ

2014年3月3日に行われた「たかじん偲ぶ会」で、さくらが初対面の百田尚樹に声をかけ、たかじんからのお願いがあると伝えた。その後はメールで連絡しあっていた。

【引用:殉愛17P】
「・・・・(中略)百田さんについて書かれたものを見つけて、是非ともお目にかけたいと思い、メールいたしました」
たかじんが私について書いた文章は全部で二ページ。最初のページにはこう書かれていた。

・・百田に委員会で喋らせる。おもろい。
(中略) ・・

【引用:殉愛18-19P】
私はこのメモを見て非常に驚いた。たかじんがまったく親交のない私をここまで高く買ってくれているとは思ってもいなかったからだ。しかしメモの二ページ目にはもっと驚かされた。

・・委員会で百田しっかり守る。発言守る。→弁解の場は委員会
対談とか、雑誌を一緒にやってもええな。僕の本を出すなら、百田に助けてもらう。→さくらのがむいてる。
海賊で久々に本で泣く。こういう人間、作家こそ命や。飲みながら、さくらと3人で会うて、対談する。
(中略)
これは創刊号で雑誌かサイトでやっても絶対受ける。→山田TVTVT V。
ええ仕事を一緒に出来る人間や! 企画ねる。正直、真っすぐ、正しく生きる奴と友情つなぐ ・・


★2枚目のメモ、このメモは金スマでも紹介された。
メモ1



















★なぜ百田尚樹なのか

たかじんの生前のイメージが崩れる内容を含む本の出版を、彼が望むだろうか。まして、たかじんが面識のない作家を指名する必然性は薄い、自分の最期をどのように表現されるか疑わしいからだ。
メモには、「さくらと一緒に対談し雑誌かサイトでやる」とあり、出版も「さくらのがむいてる」とある。タレントとしてプライド高いたかじんが、素人のアラサー女性を表に出すとは考えにくく、その後明らかになるさくらの資質は、2年間で見破られていたと見る方が自然だ。
前ページにある通り、殉愛発刊に関しては「幻冬舎」企画であり、百田尚樹を指名したのは出版社との報道を支持したい。


【引用:殉愛 22-23p】
私はその後も未亡人と何度か会い、多くの話しを聞いた。おかしな言い方になるが、聞けば聞くほど、その劇的な物語に魅了された。(中略)
本を諦めようと思ったもうひとつの理由は、彼女自身が自分とたかじん物語を公にしたくないという思いを持っていたことだ。実は彼女の元には、たかじんとの闘病生活を妻の手記という形で出しませんかという出版依頼が三十以上も寄せられていた。彼女はすべて断っていた。
(中略)
いつしか私と彼女との間には、友情のようなものが生まれていた。(中略)
しかし、ある日、彼女が漏らした「一言」が私の心を大きく変えた。


その理由として百田尚樹は著書のエピローグで、さくらの次の言葉を記している。
「自分がかわいそうとも不幸とも思ったことは一度もありませんし、今も全く思っていません。ハニーと暮らした二年間は本当に幸せだったんです」

百田さくら







★さくらと百田尚樹の「友情」

前述したとおり、自分は掲示板でイタリア男性との結婚疑惑が持ち上がってからの購読だったこともあるが、金スマで盛ったと感じた以上のものがそこにあった。例えば医療関係の記述がそうだ。自分の経験値からしても不条理な記述が並べられている。「さくらの記憶力は異常ともいえる程、何度質問しても記憶がぶれることはない」と評しているが、未亡人の一方的な「物語」に肩入れし、立場を変える側の取材は一切行っていない、これはノンフィクションとは違うとの思いを強くした
三十以上の依頼が仮に本当だとしても、他の出版社はさくらと話しているうちに疑問を感じたのだと思う。宝島2月号によると「百田先生は何故こんなややこしいものに手を出したのだろう?」と大手出版社関係者も不思議がっているそうだ。たかじん死後に報じられたさくら未亡人の評判はよくないものばかりであり、それは百田尚樹も認識していたにも関わらずだ。

二人で、京都、東京、札幌と取材旅行へ行き、300時間以上の取材をしたとふれ込んだ。画像からも窺えるが「友情のようなものが生まれていた」とのこと、これがノンフィクション作品としての致命傷だったと思う。
この「友情のようなもの・・・」は如何にして生じたのか、百田尚樹は殉愛のプロローグにも書いている通り、リーガロイヤルホテルでメモを見せられた後も執筆をする気はなかったとしているが、その後も何度も会っていることが殉愛に書かれている。
"しかし、ある日、彼女がふと漏らした「一言」が私の心を大きく変えた"
二年先までスケジュールが埋まっている超多忙なベストセラー作家が、書く気がないのに「仲良く」なるまでに会う必要があるだろうか。本人も書いているように、一部の週刊誌に彼是書かれているいわく付きの人物とである。
百田尚樹に当初から与えられていたのは、執筆する「決断」ではなく「決定」だったのではないのか。

「郷ひろみ、石原慎太郎など多くの著名人にセンセーショナルな本を書かせ、『暴露本』の名手とも陰で呼ばれる幻冬舎・見城徹氏の巧みな口車に乗せられたようです。高額な原稿料をエサに、執筆をたきつけられたのだとか」(業界関係者) (サイゾーウーマン 2014/12/5)

殉愛疑惑が波紋を呼ぶと、百田尚樹はtwitterで200時間の取材と言い直している。

★不思議な縁

【引用:殉愛 7P
私が「やしきたかじんを偲ぶ会に出席したのは、会の企画メンバーの中に「そこまで言って委員会」のスタッフがいて、私に招待状を送ってくれたからだ。しかし当日の夜、東京で仕事が入っていた私は欠席するつもりでいた。ところが先方の予定が変更になり、東京行きが一日延びた。それで時間の空いた私は「会」に出席することにしたのだ。
もしスケジュール通りに東京へ行っていれば、この本が生まれることはなかったかもしれない。今にして思えば、これも不思議な縁である。


不思議な縁がなくても殉愛は生まれたとされるニュースがある。幻冬舎は百田尚樹に書かせなければならない事情が有ったようだ。なにせ、書けばベストセラー間違いなしの作家だから。

実は、幻冬舎は経営が悪化していて、今年前期の決算もかなりまずい状況だった。雑誌も書籍もまったくと言っていいほど売れない中で、唯一売れたのが、4月に出た百田の『プリズム』の文庫。そこで幻冬舎が『なんでもいいから百田に書かせよう!』として動きだしたのが、『殉愛』だったそうです。 
「郷ひろみ、石原慎太郎など多くの著名人にセンセーショナルな本を書かせ、『暴露本』の名手とも陰で呼ばれる幻冬舎・見城徹氏の巧みな口車に乗せられたようです。高額な原稿料をエサに、執筆をたきつけられたのだとか」 (業界関係者) (サイゾーウーマン)


★メモの真贋についての指摘がある。

【引用:たかじんtwitter】

88himajin88@88himajin88 2011年8月28日

Twitterで何故大阪弁を使わないかと云われますが、大阪弁は相手が目の前にいて始めて効力を発する言語で文には少し不向きだからです。世界中の言語の中で此れほど短い言葉の中にこれほど色んな意味を含ませてた言葉はありません。例として、久し振りに会った知り合いに「どや?」 posted at 09:09:42 

このtweetにあるとおり、たかじんは文章で大阪弁は使わないと明言している。
「本を出すなら、百田に助けてもらう」の文字が四角で囲まれているが、他のメモでは見られない表記だ。また、「人間」の字の門構えだが、たかじんの真筆メモでは楷書体は使われていない。

▼2ch既婚女性に書込みされた指摘
「週末はいつも六甲山ホテルにいるから、こっち来て!」ということで、ホテルでお会いした時、打ち合わせでメモを書いてもらったんです。

メモは、「書類をココに持って行ってくれ」ということで、その場所等を指示していただいたものです。
その時、「門」と「来」が行書体で書かれてたので、なんとなく「字」のお話になったのですが、その時にたかじんさんは、
「画数の多い字を書くのは嫌で、門とかはいつもこれ。ものごごろついてから、門はこれ(行書)以外書いたことない」
とおっしゃってたので、他の筆跡はともかく「門」に関しては、xxxメモは絶対におかしいです。


▼さくら・殉愛メモ・たかじん真筆比較表。上のメモ画像の「人間」の間と比較すると違いがわかる。
門2










★メモ中に出てくる山田とは、番組制作会社「ボーイズ」の子会社「TVTV TV」ディレクター・山田晃の事。現在はさくらが創設した「タカジン・メモリアル」の映像担当として名を連ねている。
山田はさくらとFacebookでも友達となっており、頻繁なやりとりが確認されており、たかじん遺品の炊飯器をプレゼントされたやりとりが有った。現在はアカウントブロックされており、タイムライン・友達等は見ることが出来ない。
又、2ch既女板には、たかじん母の葬儀の際にさくらと一緒に参列したとの情報が寄せられた。その際、頭にバンダナを巻いていたとの情報も有り、非礼だと指摘する書込みが多かった。
殉愛金スマSPにも出演し証言をした。(詳細は別項にて)

殉愛とは

★殉愛とは、辞書によると下記の訳がある。

「ひたむきな愛を貫くために、命を投げ出すこと」
  (日本国語大辞典)

愛が深そうではあるが、自分には一寸有難迷惑かも知れないと思う年齢でもある。付かず離れずぐらいの距離感の方が気が楽そうだ。

★ノンフィクション小説「殉愛」で著わすところではどうだろう。

「財産も何も要らない、無償の愛」
「愛を知らなかった男が初めて知った本当の愛」

純愛







★幻冬舎紹介文

「誰も知らなかった、やしきたかじん最後の741日」

2014年1月3日、ひとりの歌手が食道がんで亡くなった。
「関西の視聴率王」やしきたかじん。
ベールに包まれた2年間の闘病生活には、
その看病に人生のすべてを捧げた、かけがえのない女性がいた。
夜ごとに訪れる幻覚と、死の淵を彷徨った合併症の苦しみ。
奇跡の番組復帰の喜びと、直後に知らされた再発の絶望。
そして、今わの際で振り絞るように発した、最後の言葉とは――。
この物語は、愛を知らなかった男が、本当の愛を知る物語である。
『永遠の0』『海賊とよばれた男』の百田尚樹が、
故人の遺志を継いで記す、かつてない純愛ノンフィクション。

▼著者・百田尚樹とさくら未亡人
取材2






★すべて真実である

読者がにわかには信じられないかも知れないが・・・・・と、著者が前置きしている。
確かに自分に置き換えてみると面映い気がしないでもない。
有名人ではあるが還暦過ぎた男と、32才下の「天使」のような女性の殉愛エピソード。百田尚樹によると「この物語はすべて真実である」と記している。

【引用: 殉愛 406P】
家鋪さくらの記憶力は異常とも言えるほどで、日をずらして質問しても、何度質問しても記憶がぶれることは一度もなかった。それは細部にわたり、そのときの人々の服装や立ち位置まで記憶していていた。特にたかじんの言葉や行動に関しては、まるで今そこで見ていたかのように素振りや言葉遣いのニュアンスまで再現した。または膨大な看病日記が残っていて、それらの記憶の正しさを裏付けている。

(中略)

「自分がかわいそうとも不幸とも思ったことは一度も有りませんし、今もおもっていません。ハニーと暮らした二年間は本当に幸せだったんです。自分の三十二年の人生の中でも、最も幸福な二年間でした」

その瞬間、私はこの物語を本にしようと思いました。

★未亡人の言葉

最愛の夫やしきたかじんを亡くし、辛い悲しみの中にいた私は、数々の心無い週刊誌の記事によりさらに深く傷つけられ、すぐに彼の後を追いたいと思っていました。

そんな中、ノーマネーMCの皆様がすぐに自宅に駆けつけてくださいました。
かをりさんから何度も励ましの連絡をいただき、食事に連れ出して頂きました。
八代さんにはご多忙のところ的確なアドバイスをいただき、大変心強かったです。
黒田さんからは癒しになるだろうとワンちゃんに会わせていただいたり、何度もお花を送っていただきました。
スタッフの皆様からは、たかじんの冠を守ると言っていただきました。

皆様に助けられながら迎えた偲ぶ会で、百田尚樹さんと出会い、その後「やしきたかじんがどれだけ懸命に生き抜いたのか。真実の物語を本にしよう」と熱心におっしゃっていただきました。
やしきとのかけがえのない2年間を、公にするということには迷いも葛藤もありましたが、やしき本人が書き残した膨大なメモの中で、百田さんを熱く評価していたので、信頼してお願いしたいと思いました。

実際に出来上がった本を手にして、やしきたかじんと、もう一度向き合えたような気がします。
2年間、彼はどんなに辛くても、最後まで希望を捨てず、一生懸命生き抜きました。その彼と過ごした時間は、私には幸せそのものでした。
この本を通して、彼の本当の姿を一人でも多くの方に知ってもらい、また彼と同じような病気と闘っている方々に、少しでも勇気を持ってもらえたら嬉しく思います。
そして彼は生前、「圧倒的におもろくて暴れん坊で、圧倒的にかっこよく歌うぼくで、みんなの頭と心に生き続けたいねん」と願っていました。
そんな彼を、皆様の中で忘れず生かし続けて頂けたら幸いです。

最後に、取材の中で、闘病のことを思い返すたび、その時の心境や悲しみ、彼の姿や言葉、堪えていた思いで泣き出してしまい、何度も取材を中止し、「もうこれ以上続けられない。本を出すのを止めたい」と言う私に、根気強く励まし続けてくださり、ときに一緒に涙してくださった百田さんに心から感謝しています。有り難うございます。
今の私がいるのは、たくさんの方々の支えがあったからです。
これからも感謝を忘れずに、彼が残した想いや夢を叶えていけるように、大切に生きてみたいと思います。

(テレビ大阪・NOマネーブラック)

★本の評価

Amazonレビューは☆☆/5星中 
殉愛

・百田さん、あまりに酷くないですか?
さくらさんの怪しさが世に知れて良かった
世紀の事故本として
気分が悪くなりました。
・販売を止めるべきです。
嘘つきは泥棒の始まり

金スマSP~始まりは可愛い奥様達

★金スマ・たかじんSP

たかじん亡き後の「そこまで言っても委員会」は、視聴はするものの物足りなさを感じていた。コメンテーターも変わり、番組特有の毒気も削がれていた。特に司会がたかじんの留守を守っていたヤマヒロから辛坊治朗に変わった頃からは毎週見る事も無くなっていた。NOマネーも然りである。(胸いっぱいはカバーエリアを外れた)

冬が訪れようとしていた11月の或る日の夜、TBSの金スマで「たかじんSP」が放映されると知った。久方ぶりにたかじんの在りし日を偲べると思った。

たかじんの闘病生活と、それ以上に際立っていたのが、32歳年下の未亡人による献身的な看病ぶりが紹介された内容だった。彼女はたかじん死去の3ケ月前に入籍した、さくらと言う女性。たかじんと過ごした741日間の生活を、時のベストセラー作家である百田尚樹が書き下ろしたノンフィクション小説「殉愛」(幻冬社)の筋書きに沿った編成である。

▼金スマたかじんSP


★救急搬送の疑念

攻撃的な容姿と言論で知られる百田尚樹が、番組内で落涙し殉愛ぶりを語った。
たかじんが残した1.000枚に及ぶ手書きメモ、未亡人が書き綴ったノート30冊を超える看病日記、300時間を超える取材、「この半年間、命を削る思いで執筆した。こんな本はもう二度と書けない!」と作者は訴えた。共に涙した視聴者も数多に上るであろう。私も胡散臭い気がしないでもなかったが、テレビ的にはこんな演出だろうと思い、たかじんの冥福を祈る事にした。

しかし、気掛かりが一つ残った。死亡直後の報道では「食べ物が喉に詰まり死亡」となっていた。正月だから餅を詰まらせたのだろうかと妻と話した記憶が有る。金スマではそれが原因となっていない・・・何故だろう、どちらが正しいのだろう。その年の冬に、近所のお年寄りが食べ物を喉に詰まらせて亡くなっていたので、たかじんの件も脳裏に残っていた。

★始まりは「可愛い奥様達」 

金スマを視て「殉愛」を買おうかどうしようか思案していた。本来なら本屋に一直線なのだが、両目の治療を終えたばかりなので、新聞も一部分だけしか読まないようにしており、他はインターネットの文字を拡大して情報を拾う状態だったからだ。
そんな或る時、検索で引っ掛かってきたのが「2ch既婚女性板」だった。そこにはたかじん未亡人と、殉愛著者の百田尚樹氏の話題で白熱していた。流石に女性らしい視点の書込みに、引き寄せられるようにレスを追う事になった。

さくらにイタリア男性との結婚歴がある


或る日、掲示板の中はこの話題で騒然となり、それは事実であった。金スマSPでは結婚歴は無いと紹介されていた上、たかじんとは肉体関係が無かったエピソードも、重要なアピールポイントとなっていた。
遊び人とも言われた、たかじんの面目が立たないエピソードも披瀝されていたのに、百田尚樹の言う「天使設定」の崩壊ではないのか。

さくら結婚








▼結婚が判明した、さくらイタリア時代のブログhttps://web.archive.org/web/20120109030333/http://ameblo.jp/tiamo-italia/ 
(※結婚の詳細はこちらで・ミステリアスな伊人イヴァンとの結婚と離婚)

★次々と明らかになる疑惑

たかじんにシンパシーを感じていた者として、これは放っては置けない出来事である。いや、出来事を越して事件の臭いすら感じる。「殉愛」購読のきっかけだった。
金スマで感じながらも受け流していた胡散臭さが、文字で読むと際立ってくる。更に掲示板でも次々と明らかになる事実、そしてペンの向き加減は様々ながらも、ネットメディア、週刊誌等も取り上げる事態となった。twitter、まとめサイトでも白熱してきた。これは「重大な社会問題である」と認識するに至った。

一人の人間の死が、血肉を分けた家族の与り知らないところで一部の打算的な輩達による手段」だけに利用されていいものか、怒りを覚えた。
自分はひねくれ者なので、「殉愛」を引用しながら疑問を問いかけたい。

かけがえのない人に逢えた東京

★たかじんを知った日

北海道に住む自分にとって、やしきたかじんの名を知ったのは、実はかなり遅い。
 
きっかけは、テレビ番組「たかじんのそこまで言って委員会」だ。論じられる内容が、東京マターに馴らされた者にとって斬新であった。パネラーの三宅久之、宮崎哲也、勝谷誠彦、鴻池肇各氏達の、それまでには見られなかった切れ味のコメントの数々、そして怒りのざこば師匠、いじられ役の田嶋陽子氏、それぞれのキャラが嫌味なく溶け込んでいた。

時たま、指棒持って中央に出てくるサングラス姿の男がいる。関西らしい本音トーク、肝心な部分はシヤッターされていたが、番組の看板画像の彼の口にもチャックがされている。ちょっと過激な関西の司会者なのだろう、その程度の認識だった。
 
彼の名がやしきたかじんと知るのも、彼にシンパシーを感じるのも時間を必要とした。

たかじん





 

或る時検索すると、なんと、やしきたかじんの本業は歌手であった。代表曲は「東京」で日本有線大賞受賞曲との事だ。そう言えば聞いた事が有るような無いような、さっそく動画サイトで聴くと気になるフレーズが飛び込んできた。

"かけがえのない人に、逢えた東京~"

北海道の寒村育ちの自分にとって「東京」の響きは特別なものが有る。実は東京の大学受験に失敗して、東京行きを諦めた過去が有るからだ。今でも東京とは「かけがえのない"モノ"に逢い損ねた街」との意識が、頭の片隅に残っている。

彼が唄う東京は、一人の女が大事な男と出逢い、そして別れた悲恋の街。
もしあの時、自分が東京へ行くことが出来ていたとしたら、自分の人生はどのような図を描いていたのだろう。それを思い起こさせてくれたのがこの曲、「やしきたかじん」になにかしらのシンパシーを感じた瞬間だった。

▼やしきたかじん「東京」


★さようならたかじん

毎週日曜日の「そこまで言って委員会」を楽しみにする日が流れていた或る日、たかじんが食道ガン治療の為休養すると報じられた。ガンなので楽観は出来ないものの、今時の医学、食道ガンは手術により治癒する確率が高いと思っていた。妻の叔母も同じ病気で手術したが職場復帰し、今では各地のマラソン大会で走るまでになっている。

復帰までに時間がかかっているのは心配だったが、約14ケ月の休養を経て復帰して来た時は安堵し、たかじんが出演する番組は全て見るようになっていた。
しかし、それは束の間だった。再発による再休養が発表され、再度テレビから姿を消した。

彼の次の報は、まだ、正月気分が抜け切らない1月7日の夜であった。
「やしきたかじん、死す」

たかじん2









【引用】 
食道がんの手術から1度復帰したものの再び休養していた歌手でタレントの、やしきたかじん(本名・家鋪隆仁)さんが3日未明に亡くなった。64歳だった。
12年1月に食道がんのため休養したが、同5月2日夜、体調不良を訴え再び長期療養。懸命に再復帰を目指したが、思いはかなわなかった。 (日刊スポーツ・2014年1月7日23時17分)

★シンパシー

たかじんとは同年代である。ガンの怖さも知ってはいる。健康的とは真逆な彼の生活ぶりも聞いている。しかし、64年で幕を閉じる人生は悔いが残るであろう、まだまだ、生き抜きたかったであろう、シンパシーを感じていたファンとしても、至極、残念な一報であった。

こよなく酒を愛し、新地を愛し、多くの女を愛し、自由奔放を好み、破天荒でありながら、どこかシャイな臭いがする生き様。
たかじんのその評伝もシンパシーが深まる一因であった。自分の人生を顧みながら・・・勿論、そのエピソードは彼の10分の1にも満たないが。

記事検索
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • さくらのMONEY勘定~リボンでくるんだお金
  • 最後の咆哮~アズマラ氏和解から
  • さくらのMONEY勘定~たかじん遺言書全文
  • さくらのMONEY勘定~たかじん遺言書全文
  • さくらのMONEY勘定~たかじん遺言書全文
  • おはよう朝日ですと井上公造の「殉愛問題」
  • OSAKAあかるクラブ寄付金放棄騒動
  • たかじんにすがるハイエナ達
  • さくら「殉真」出版差止申立
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ